業務の効率化

通販サイトでは、クレジットカード決済やポイントの利用などで、複雑化しています。そこで現金やポイントなどに関する決済は、他の会社に決済代行してもらった方が、効率良く業務を進められるのです。

続きを読む

快適な作業

販売データや売上管理など大量のデータを集計したり、処理する場合に有効なツールとしてPOSシステムというものがあります。これを利用することによって以前とは比べ物にならない程に効率的なシステムを利用することができます。

続きを読む

カシオのレジスター

カシオレジスターは使い勝手よくシンプルなので誰でも最初から取り組みやすいレジスターです。また自分なりにカスタマイズすることにより、さらに使い勝手が良くなります。

続きを読む

レジを探す

ハウスクリーニングはフランチャイズ展開しているので、利用してみましょう。その際はしっかりと稼ぐことが出来る会社を選択しましょう。

どのように工夫すればメリットが得られるのか

レジスターとひとくくりに言っても様々なものがあるのをご存知でしょうか。また、今ではネットを使って通販でもレジを購入することが出来ます。一般的に二つの種類、物販店用のものと飲食店用のものがあります。違いは部門数が物販店用が10〜30なのに対し、飲食店用は基本的に4であることです。自分が使用したい用途に合わせて購入できます。またシャープやカシオなどのブランドも選ぶことが出来、10,000〜60000円の中で自分の予算に合わせたレジを探すこともできます。そして通販メーカーによってはついてくる取扱説明書をなくしてしまった場合でも、ホームページからダウンロードできるような仕組みにしているものもあります。レジスターの選び方は人それぞれですが、このような通販メーカーを利用してみるのはいかがでしょうか。

レジの近頃の取り組みやトレンド

最近ではネットレジといって、ブロードバンド回線を利用することで売り上げ集計や電子決済を行うものがあります。これによりその日の客数や売り上げを手持ちのパソコンや携帯電話で共有することが出来たり、売り上げを自動集計してくれるので精算と同時に日報を作成することなどができます。また価格は約80万とお高いですが、オーダーエントリーシステムも話題になっています。近頃、ファミレスなどで利用されていて、これは注文を聞いてすぐにオーダーを送信することが出来ます。さらに情報が入っている番号を読み込むことで会計を即座にでき、大幅な時間短縮となります。そしてモスバーガーではこんな画期的な工夫もしています。アレルギーを持っている人のためにその商品にどんな食材がどれほど入っているかをマルバツで、特定の食物が含まれていないメニューを箇条書きで、レジを使ってレシートに印刷するようしています。今後も様々な技術が発展し、より使いやすくなっていく「レジスター」から目が離せません。